脱毛サロン(ミュゼなど)でIOラインは効果が出にくい理

脱毛サロンでIOラインを行うと、何度回数を重ねてもその効果の薄さにガッカリします。
こちらの原因としてはいくつか挙げられるので、理由と併せてみてみましょう。

 

●色素沈着<メラニン>の発生

他の部位と比較してIOラインというのは、下着の擦れなどによって肌内部のメラノサイトが刺激されて、メラニン生成による色素沈着が生じていることが多く、色素沈着部分というのは、メラニンに反応する脱毛器を用いているサロンでは、肌に照射した際に光が肌にまで分散してしまうことから、なかなか毛の毛根部分に作用しません。

 

そうなると、毛のメラニンに反応させるために何度も照射する必要が出てきてしまうので、何回も施術を行う必要が出てきてしまいます。

 

●出力をさらに下げている

ワキなどを施術する際の出力とIOラインの出力では違っていて、IOラインはデリケートな粘膜に近い場所なために火傷が生じやすいので、出力を下げているサロンが多いです。

 

サロンによっては、リスクを回避するためにかなり低出力での施術なことから、全く脱毛効果が得られないということもあります。

 

このように、サロンではクリニックのように医師がいないために万が一の火傷にも対応できないことから低出力の施術となっていて、そのことも効果の低さに繋がっています。

 

■IOライン脱毛の効果を出すには?

前項のように、サロンではいくつかの原因が重なることで脱毛効果が出なくなってしまいます。

 

そのことから、クリニックに足を運ぶ方も多いですが、クリニックの場合はIOラインにも効果が得られます。

 

なぜなら、クリニックでは毛が薄い産毛にも対応可能な出力の高さや機械の利用が行われますし、当然医師や看護師が施術を行なう事から出力を高めることも可能です。

 

結果、早い段階で効果を実感することができますし、処理の方も粘膜ギリギリまでキレイに行われます。
(クリニックによっては、粘膜まで処理が可能です。)

 

加えて、出力も毛の生成をストップさせるほどの破壊力なので、一度処理を行うと半永久的に毛の生成が行われないために脱毛効果も長いです。